即日発行のクレジットカードの全て

クレジットカードを即日発行したいときに知っておきたい情報をまとめました。注意点しないと即日発行できない場合もありますので、参考にしてみてください。



クレジットカードの即日発行のメリットとデメリット

クレジットカードの即日発行には、メリットもあればデメリットもあります。

即日発行のメリット

現金以外の決済手段がすぐに手に入る

クレジットカードを即日発行してもらうメリット、それは何といっても急に現金以外の決済手段が必要になった際に対応できるという点です。例えば、急に海外旅行や海外出張に行くことになった場合、現金だけでははっきり言って心もとないですよね。そんなときに即日発行できるクレジットカードの選択肢があれば、カードを即日発行してもらってその足で空港へ直行する、なんてことも不可能ではありません。

万が一の時でも当座をしのげる

また、クレジットカードはすでに持っているものの、そのカードを紛失したり壊れたりして使えなくなってしまったとき、すぐに再発行してくれるとも限りません。そんなとき、当座をしのぐカードとして即日発行のクレジットカードは十分に戦力となります。

即日発行のデメリット

クレジットカードを即日してもらうメリットは「すぐにカードが手に入ること」ですが、デメリットもないわけではありません。

受け取りに行かなければならない

クレジットカードを即日発行してもらうためには、外に出なければなりません。セゾンカードならばセゾンカウンター、ACマスターカードならむじんくんや一部のアコム店舗、エポスカードならエポスカードカウンターといった具合です。近くに受取場所があればいいのですが、なければわざわざご足労ということになります。

本命カードの審査で邪魔になるかも

即日発行のメリットで「当座をしのげる」というのがありましたが、いざ本命のクレジットカードに申し込もうという時、即日発行のクレジットカードが審査の足かせになりかねません。カードを多く持っているだけで審査には不利になるので、解約するなりした方がいいでしょう。

セゾンカードで即日発行してもらう流れ

即日発行といえばセゾンカードですが、セゾンカードで即日発行してもらうには、どのような流れになっているのかを見てみましょう。

まず、それぞれのクレジットカードのホームページにアクセスをして、そこから申し込みをします。この際、19時30分以降に送信をした申し込みに関しては、翌日の手続きとなりますので即日発行ができません。

申し込みが完了すると、その30分以内に「受付完了のメール」が届き、クレディセゾンから申し込み確認の電話がかかってきます。電話がかかってくる時間は10時から20時で、本人の意思確認や未成年者の申し込みの場合には親権者への同意確認を行なう場合もあります。

審査が完了すると「審査結果メール」が届き、発行可能との結果が出るとカードを受け取ることになります。郵送で受け取る場合には、最短で3営業日から7営業日でカードが到着します。追加でETCカードを申し込んだ場合、さらに1日から2日の時間がかかります。

セゾンカードカウンターで受け取れば、最短でその日のうちにクレジットカードを発行してもらえます。なおその際には、受付番号や本人確認書類、金融機関の届出印、口座番号が分かるものを持って来店してください。

セゾンカウンター

セゾンカウンター、こんなことができます

セゾンカードを即日発行してもらうなら、セゾンカウンターは欠かせません。セゾンカウンターは即日発行のための施設かと思いきや、実際にはそれ以外にも以下のような多くの手続きが可能です。

  • カードに関する総合案内
  • 明細書の請求額や残高の照会
  • カードの紛失や盗難時の受付
  • 利用可能額の照会
  • 住所や名義人などの登録内容変更
  • 利用履歴の照会
  • 支払方法の変更など
  • 支払額の変更
  • 資料請求
  • 各種キャンペーンのエントリー

店舗によっては、一部の手続きができない場所もありますので注意してください。以前はセゾンカウンターで入金手続きも行なっていたのですが、2010年8月いっぱいで入金サービスは終了となっておりますので、口座やセゾンのATMを利用するようにしてください。

セゾンカウンターで即日発行のセゾンカードの申し込みができる

時間を有効活用する点からいいますとインターネットから申し込むのが理想なのですが、セゾンカウンターでも即日発行対応のクレジットカードの申し込みができます。

申し込むカードによって時間が異なる

セゾンカードで即日発行に対応するカードを申し込むにしても、申し込むカードによって所要時間が異なります。セゾンカードは」90分くらいかかりますが、パルコカードは60分程度しかかかりません。というのもセゾンカードは申込用紙に記入するのに対して、パルコカードはiPadに入力する分時間が短縮できるからです。

ネット申込よりもさらに時間に注意

セゾンカウンターで申し込みをする際には、ネット申込よりも時間にシビアにならなければなりません。ネット申込は審査をすでに済ませてあり、カウンターでは発行手続きをしてもらうだけなのですが、カウンターでの申し込みは一から始めなければならないので、ネット申込よりも確実に時間がかかります。

さらに注意したいのが審査の受付時間です。カウンターで申し込むと審査が行われるのですが、審査を担当するのはそのカウンターではなく、クレディセゾン本社の審査部です。審査部の最終受付が18時30分となっていますので、遅くてもそれまでにはカウンターで申込を完了させていなければなりません。

審査落ちすれば時間が無駄になる

万が一審査落ちをしたとしても、ネット申込ならば特に時間のロスはありません。しかしセゾンカウンターで申し込みをした挙句に審査落ちの憂き目にあってしまったら、カウンターへ足を運ぶ時間、審査で待っていた時間がすべて無駄になってしまいます。

セゾンカードの即日発行ができるセゾンカウンター

セゾンカードを即日発行してもらうには、自宅や勤務先の近くにセゾンカウンターがあると便利です。しかし、セゾンカウンターがどこにあるか分からない、そんな人も多いでしょう。そんなときには「セゾンカウンター検索」を利用するといいでしょう。

セゾンカウンター検索にアクセスをして、都道府県からセゾンカウンターを探す、あるいはフリーワードを入力して探す、駅名や路線名から探す3通りの方法があります。

その結果、全国各地にセゾンカードの即日発行ができるセゾンカウンターは48か所あります。北は北海道のサッポロファクトリーから、南は沖縄県のリウボウ久茂地まで、全国津々浦々を網羅しています。

この際、セゾンカウンターによっては即日発行可能なセゾンカードが限定される場合もありますので注意しましょう。例えば神奈川県のリヴィンよこすか内にあるセゾンカウンターでは、

  • セゾンカードインターナショナ
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
  • セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
  • ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

のみ、最短即日発行に対応しています。

セゾンカードをセゾンカウンターで即日発行してもらう際の注意点

セゾンカードをセゾンカードで即日発行してもらう際には、いくつか注意点があります。

時間に注意

まずは、時間に注意をしましょう。前述しましたが、インターネットから申し込み内容を送信した時間が19時30分以降ですと、翌日の手続き扱いとなりますので即日発行はできません。また、セゾンカウンターの時間にも注意が必要で、セゾンカウンターの営業時間内ですべてセゾンカードの即日発行に対応しているわけではありません。

忘れ物に注意

こちらも前述しましたが、セゾンカウンターでカードの即日発行をしてもらうためには、いくつか必要なものがあります。受付番号や本人確認書類、金融機関の届出印、口座番号が分かるものがそれですが、場合によっては所得を証明する書類も必要になるかもしれませんので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

対応カードに注意

こちらも前述しましたが、全国すべてのセゾンカウンターが全てのセゾンカードの即日発行をしてくれるわけではありません。カードによっては全てのセゾンカウンターで即日発行が不可能なカードもありますし、一部店舗のみで対応可能なカードもあります。ホームページから申し込むと3営業日待たなければならないカードやカウンターもありますので、それも注意です。

セゾンカードおよびその他即日利用対応のクレジットカード

セゾンカード

まず紹介するのは、セゾンカードですが、以下に紹介するクレジットカードの中には、即日発行ができないものも含まれていますので注意してください。

セゾンカードインターナショナル

数あるセゾンカードの中でも、最もベーシックな1枚、それが「セゾンカードインターナショナル」です。セゾンカードインターナショナルは年会費無料で、貯めたポイントの有効期限が実質ない「永久不滅ポイント」のため、クレジットカード初心者にも最適なカードです。

セゾンカードインターナショナルの発行元は、大手クレジットカード会社のクレディセゾン。サポート体制が手厚い点も、クレジットカード初心者には安心できるポイントです。さらにそのサポート体制も24時間365日実施していますので、いつどんな時でもカード利用者の強い味方となってくれることでしょう。

セゾンカードインターナショナルは、インターネットにも強さを発揮。インターネット上で不正利用された場合にその被害額を補償してくれる「オンライン・プロテクション」が付帯していますし、クレディセゾンが運営するポイントサイト「永久不滅.com」経由でお買い物すれば、永久不滅ポイントが最大30倍貯まります。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

ステータスの高いクレジットカードの象徴である「アメリカン・エキスプレス・カード」。プロパーカードの「アメリカン・エキスプレス・カード」に申し込んでも、年会費が結構してしまいますが、同じアメックスでも「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」ならば、アメックスでは珍しい実質年会費無料で持つことができます。

年に1度でも利用すれば、翌年の年会費はかかりません。年に1度も利用しなくても、発生する年会費は税別1000円の年会費が発生するだけですので、お財布への負担も非常にやさしいクレジットカードです。ちなみに、入会初年度はカードの利用いかんにかかわらず年会費はかかりません。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードにはETCカードもあります。最近では付帯のETCカードを発行するのに発行手数料や年会費を徴収するカード会社が増えてきますが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの場合、発行手数料はかかりません。ちなみに、付帯のETCカードの利用も、本体である「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」の実質年会費無料の条件にカウントされます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

アメックスでしかもプラチナというと、通常は相当な年会費を覚悟しなければなりません。しかし、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」ならば、初年度の年会費は税別で20000円、しかも2年目以降は一定の条件をクリアすれば年会費が税別10000円に優遇されるのです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、サラリーマンの方はもちろん、株式会社や有限会社の経営者、そして個人事業主やフリーランスの方まで広く申し込みできるカードです。法人が申し込むと何かと必要となる登記簿謄本などの書類も、このカードの申し込みの際にはいりません。

通常、プラチナカードはカード会社からの招待(インビテーション)がないと申し込めませんが、このカードはインビテーションがなくても申し込めます。法人にはうれしいサービスが満載で、引き落とし口座も個人名義はもちろん、法人名義の口座からも選べますし、直近3ヶ月分の利用明細をダウンロードできますので、利用状況の管理に役立ちます。

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

世界最大の小売りグループである「ウォルマート」。そんなウォルマートと提携している西友とクレディセゾンが提携して発行しているクレジットカードが「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」です。搭載している国際クレジットカードブランドはアメックスですが、年会費は永久無料とアメックス搭載カードにしては太っ腹です。

「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」は、西友やリヴィン、サニー、オンラインショップのSEIYUドットコムで利用すると、毎日3%オフのお得な金額でお買い物ができます。西友はもともとの値段が安いスーパーですが、それよりもさらにお得な値段で買えるのです。

さらに月に2度、毎月5日と20日には西友やリヴィン、サニーでのお買い物が5%オフになるのです。しかも、3%オフでは付与されないケースが多い永久不滅ポイントも、この2日間だけはポイントが付与されます。海外で「ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」を利用すると、永久不滅ポイントが通常の2倍付与されます。

タカシマヤセゾンカード

日本最大級の百貨店である高島屋とクレディセゾンがタッグを組んで発行しているクレジットカード、それが「タカシマヤセゾンカード」です。搭載可能な国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、そしてアメックスと4種類もありますのでお好みのブランドを選んでいただけます。

年会費はもちろん永久無料で、付帯のETCカードも無料で発行することができます。タカシマヤセゾンカードを利用して貯まるポイントは、セゾンカードの「永久不滅ポイント」ではなく、高島屋独自のポイントです。100円につき2点たまり、2000点貯まると2000円分の買い物券と交換できます。

高島屋では「ポイントアップ特別ご優待会」を実施しており、この期間中は一部商品を除き100円につき4点を付与してくれます。さらに、高島屋で実施される文化展や美術展のうち有料のイベントを半額で鑑賞可能です。

シネマイレージカードセゾン

クレディセゾンとTOHOシネマズが提携して発行しているクレジットカードが「シネマイレージカードセゾン」です。マスターカードを選べば初年度年会費は無料となっており、2年目以降は年会費が税別300円かかります。アメックスを選ぶと年会費が税別で3000円発生します。

アメックスは年会費が少し高いですが、その分サービスは充実。最高で3000万円までの国内旅行・海外旅行の傷害保険が利用付帯の条件ながら付いてきます。けがや病気だけでなく、買った商品の破損や盗難も補償してくれます。

TOHOシネマズで映画を観賞すると、映画の上映時間1分につき1マイルが貯まり、貯まったマイルは楽しい特典やオリジナルグッズと交換できます。さらに、TOHOシネマズで6本映画観賞をしたら好きな映画を1本、なんと無料で観賞することができるのです。毎週火曜日はお得な会員価格で映画観賞もできます。

JAPANカードセゾン

クレディセゾンは、サッカー日本代表のサポーティングカンパニーとなっており、サッカー日本代表の試合などを見ていると広告が掲載されています。そんなクレディセゾンと日本サッカー協会が提携して発行しているクレジットカード、それが「JAPANカードセゾン」です。

JAPANカードセゾンに搭載される国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、そしてアメックスで、アメックス以外は年会費がかかりません。券面のデザインはサムライブルーを基調として日本サッカー協会のロゴが左上に配されたものと、シルバーを基調としてシルバーのロゴが左上に配されたものとがあります。

JAPANカードセゾンを利用すると、カード利用金額の0.1%及び新規入会の方は500円が日本サッカー協会に寄付され、代表などの強化資金に使われます。

WOWOWセゾンカード

BSチャンネルとして、現在急速に契約者を増やしているのがWOWOWですが、そのWOWOWとクレディセゾンがタッグを組んで発行しているクレジットカードが、「WOWOWセゾンカード」です。このクレジットカードに申し込めるのは、WOWOWに加入している方のみとなります。また、WOWOWセゾンカード加入後はWOWOWの視聴料の支払いは、WOWOWセゾンカードとなります。

搭載されているクレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、そしてアメックスで、アメックス以外は白ベースのカード、アメックスはベージュベースのカードとなります。WOWOWセゾンカードを1000円利用すると1ポイントたまり、200ポイントたまるとクレディセゾンの「永久不滅ポイント」のアイテムと交換するか、WOWOWの視聴料2000円分と交換できます。

JAFセゾンカード

車に乗っていて、バッテリーが上がったりタイヤがパンクしたり、キーのとじ込みをした際に頼りになるのが日本自動車協会(JAF)ですね。そんなJAFとクレディセゾンが提携して発行しているのが「JAFセゾンカード」というクレジットカードです。

搭載される国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、そしてアメックスです。アメックス以外は年会費がかからず青ベースの券面です。アメックスは年会費が税別3000円かかりベージュベースの券面ですが、アメックスを選ぶと携行品損害保険が年間5万円を上限として自動付帯してきます。

カードの年会費とは別にJAFの入会金が2000円、年会費が4000円かかりますが、すでにJAF会員の方は入会金は不要、JAFカードの申し込みとJAFへの新規入会を同時に行うと、入会金が500円割引になります。さらにJAFセゾンカードなら、貯まったポイント400ポイントを使って、JAFの継続年会費に交換することができるのです。

セゾンエルセーヌカード

自分磨きの余念のない女子は、エステ通いをして自分に磨きをかけます。そんなエステの中でも大手といえばエルセーヌですが、クレディセゾンと提携をして「セゾンエルセーヌカード」を発行しています。エルセーヌの入会金は通常税別で25000円かかりますが、このカードがあれば入会金は一切かかりません。

セゾンエルセーヌカードはエルセーヌとの相性がとても良いクレジットカードです。エルセーヌを利用していただくと、クレディセゾンのポイント「永久不滅ポイント」が3倍貯まり、1000円につき3ポイントたまります。さらに、エルセーヌのエステコースを10%オフで堪能していただけますし、ホームケア商品は初回が定価の30%オフで、2回目以降も5%オフでお買い求めいただけます。

エルセーヌだけでなく、リフレクソロジーや整体などを行なう「リフレーヌ」もお得が満載。単品コース40分を無料で体験できますし、リフレーヌのコース料金やオリジナル商品が5%オフで利用できます。

早稲田ゴールドカードセゾン

数多くある日本の私立大学の中でも知名度ではトップクラスの大学といえば、早稲田大学です。そんな早稲田大学がクレディセゾンと提携をして発行しているクレジットカードが、「早稲田ゴールドカードセゾン」です。

早稲田大学の学生でなくても申し込めるカードですが、ぜひ早稲田大学の卒業生や教職員に申し込んでほしいカードですね。このカードは税別10000円の年会費以外にも校友カード会費として5000円がかかり、さらにカードの利用に応じて発生する還元金は「早稲田カード奨学金」に組み入れられ、経済的に困窮している在学生に給付されるからです。

ちなみに、早稲田ゴールドカードセゾンの特典としては、大学図書館の入館証としての利用、校友サロンの利用、早稲田学法の送付、ラグビーの早明戦や野球の早慶戦のチケットが抽選でもらえるなどがあります。

日本白血病研究基金カードセゾン

1992年に厚生省より認定された公的基金である「日本白血病研究基金」は、白血病の根本的な治療や研究を目的としております。そんな基金とクレディセゾンが提携して、「日本白血病研究基金カードセゾン」を発行しています。

通常のクレディセゾンのカードですと、ショッピングの1%が永久不滅ポイントとしてたまるのですが、「日本白血病研究基金カードセゾン」はショッピング金額の1%が日本白血病研究基金に自動的に寄付されますので、永久不滅ポイントはたまりません。自動寄付以外にも定期的な任意の寄付も可能で、その際にはカードの入会申込書にある寄付の申し込み欄に記入すれば、寄付金を自動引き落とししてくれます。

寄付先となる基金からは助成金が出されており、運営委員に選ばれた白血病の研究者に授与されています。白血病の臨床研究や基礎研究などに有効に活用されます。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

鉄道やホテル、プロ野球球団などを傘下に持つ西武グループ、その西武グループとクレディセゾンが提携して発行するクレジットカードが、「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」です。搭載される国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、そしてアメックスで、アメックスのみ年会費が税別3000円発生します。

SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンならば、ポイントの有効期限が実質ないクレディセゾンの「永久不滅ポイント」の他にも、西武グループのポイントプログラム「プリンスポイント」も同時に貯まります。加盟店での利用金額108円につきプリンスポイントが1ポイント付与されます。

貯まったポイントは、1500ポイントで西武園ゆうえんちのワンデーフリーチケットに、5000ポイントで品川プリンスホテルの2時間飲み放題付きのディナー券に、そして7000ポイントたまると名門コースの誉れ高い川奈ホテルゴルフコース大島コースの平日1ラウンドゴルフセルフプレー券などがもらえます。

その他にも、SEIBU PRINCE CLUBカード セゾンを持っていると以下のような優待があります。プリンスホテルではチェックアウト時間の無料延長や、指定のレストランやバーの利用料金が5%割引などです。

MileagePlusセゾンカード

世界最大級のアメリカの航空会社「ユナイテッド航空」のマイレージプログラムといえば、「マイレージプラス」ですが、そんなマイレージプログラムとクレディセゾンが提携して発行するクレジットカードが、「MileagePlusセゾンカード」です。

搭載される国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、そしてアメックスですが、他のセゾンカードがアメックスのみ高い年会費を徴収しているのに対して、このカードはいずれも年会費が税別1500円です。アメックスを選んでいただくと、アメックスならではの充実サービス(マイルプレゼント、優待プログラム、トラベルオフィスなど)が利用できます。

MileagePlusセゾンカードでは永久不滅ポイントはたまりませんが、マイレージプラスのマイルが貯まります。1000円利用につき5マイル貯まりますが、別途年会費税別5000円を追加すれば、1000円利用につき10マイルとマイルの貯まるスピードがアップします。買物だけでなく、ユナイテッド航空や提携航空会社のフライト利用でもマイルが貯まります。

貯まったマイルは5000マイルから特典航空券へ交換が可能で、ユナイテッド航空はもちろんのこと、ANAやシンガポール航空などが加盟する「スターアライアンス」の特典航空券への交換も可能です。

JMBローソンPontaカードVisa

通常、クレジットカードの発行元は1つの提携先と提携をしますが、クレディセゾンが発行元となっている「JMBローソンPontaカードVisa」は、ローソンと日本航空の2社と提携関係にあります。

航空会社と提携しているクレジットカードは、通常年会費が発生するものですが、「JMBローソンPontaカードVisa」は日本航空と提携しているにもかかわらず年会費が永年無料と、かなりの太っ腹です。

カード決済で貯められるポイントは、永久不滅ポイントでもJALマイレージバンクのマイルでもなく、「Pontaポイント」。ローソンやローソン100では税別100円のカード決済につき2ポイントが、それ以外のVISA加盟店では税込み1000円利用ごとに5ポイントがたまります。もちろん、JALのフライトなどを利用すればJALマイレージバンクのマイルもたまります。

貯まったPontaポイントは2ポイント=JALマイレージバンク1マイルへと交換できますし、逆にJALマイレージバンク1マイル=0.5Pontaポイント(10000マイル以上交換ですと1Pontaポイント)へと交換ができます。

PARCOカード

若者向けのショップが多いPARCOでは、クレディセゾンと提携して「PARCOカード」を発行しています。搭載される国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、そしてアメックスですが、全てのカードが年会費無料となっております。ちなみにアメックスは、年会費税別3000円を支払えば最高3,000万円までの海外・国内旅行傷害保険が利用付帯されるサービスもあります。

PARCOカードは、カード発行から1年間、PARCOでのショッピングがいつでも5%オフになるのはもちろん、優待企画で5%オフになったり、年間10万円以上PARCOカードを利用すると1年間ショッピングがいつでも5%オフになったりなど、PARCOをお得に使い倒せます。

MUJI Card

洋服から雑貨、食品までありとあらゆる商品を取り扱っている「無印良品」。そんな無印良品とクレディセゾンが提携して誕生したクレジットカードが「MUJI Card」です。

搭載している国際クレジットカードブランドはVISAとアメックスで、VISAの年会費は永年無料ですが、アメックスは税別3000円の年会費が別途発生します。ただしアメックスには、最高3000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯します。

MUJI Cardは無印良品で使うととってもお得なカードで、新規入会で1000ポイント、年2回(5月と12月)と誕生月にそれぞれ500ポイントの1500ポイントの「MUJIショッピングポイント」がつきます。MUJIショッピングポイントは、10ポイント=10円で無印良品の店舗やネットストアでも使えます。さらに、会員限定の「無印良品週間」には、全品優待価格で購入可能です。

さらに、クレディセゾンの「永久不滅ポイント」も同時にためられ、無印良品の店舗やネットストアでのお買い物は1000円ごとに3ポイント、その他のお買い物でも1ポイントがつきます。たまった永久不滅ポイントですが、MUJI Card限定特典として、永久不滅ポイント200ポイントをMUJIショッピングポイント1200ポイントに交換可能です。

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

クレディセゾンの発行するクレジットカードの中でも、最も盛りだくさんともいえるカードが「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」です。ヤマダ電機やANAが提携先となっており、アメックス搭載ながらクレジットカードを1回でも利用すれば年会費は永年無料です。

貯められるポイントは3つもあり、まずは「ヤマダポイント」。ヤマダ電機を利用していただくと、現金同率のヤマダポイント(10%)が付与され、貯まったヤマダポイントは1ポイント=1円でヤマダ電機のお買い物に利用いただけます。

2つ目はクレディセゾンの「永久不滅ポイント」。1000円利用につき1ポイントがたまり、貯まった永久不滅ポイントは、「ヤマダポイント」にも交換可能。この際に1回のポイント交換が1000ポイント以上ならば、1.2倍のヤマダポイントに交換できます。

さらに3つ目はANAのマイル。ANAやスターアライアンスのフライトはもちろん、提携ホテルやレンタカー、百貨店やグルメマイルなど生活の様々なシーンでANAのマイルをためていただけます。

みずほマイレージクラブカードセゾンSuica

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と並んで、日本の三大メガバンクに数えられる「みずほ銀行」。そんなみずほ銀行とクレディセゾンが提携して発行するクレジットカードが「みずほマイレージクラブカードセゾンSuica」です。年会費は永年無料で、JR苦し日本の電子マネー「Suica」機能も搭載しています。

みずほマイレージクラブカードセゾンSuicaには、便利な機能が満載。まず、みずほマイレージクラブカードセゾンSuicaにはみずほ銀行のキャッシュカード機能を持たせることもできますので、財布の中をスリムにすることができます。

次に、取引状況に応じてみずほ銀行やイオン銀行のATM時間外手数料が何度でも無料となりますし、イーネットやローソン、セブン銀行のコンビニATMの利用手数料や時間外手数料が、月4回まで無料となります。みずほ銀行本店あての振込手数料もかかりません。年間100万円利用すれば、他行あての振込も月4回まで手数料がかかりません。

クレディセゾンの「永久不滅ポイント」ももちろん貯まりますが、みずほマイレージクラブカードセゾンSuicaの限定特典として、永久不滅ポイント200ポイントごとに、Suicaへの1000円分のチャージに交換できます。Suicaは駅の自動改札で自動的にチャージされる「オートチャージ」にももちろん対応しています。

三井ショッピングパークカード《セゾン》

全国に三井ショッピングパークを展開する三井不動産株式会社とクレディセゾンが提携して、「三井ショッピングパークカード《セゾン》」が誕生しました。

三井ショッピングパークカード《セゾン》に搭載可能な国際クレジットカードブランドは、VISA、マスター、JCB、アメックスで、いずれも年会費は永年無料です。アメックスのみ、別に年会費税別3000円を支払うと、最高3000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯するサービスがあります。

三井ショッピングパークカード《セゾン》に付与されるポイントは2種類あり、まずは三井ショッピングパークポイントです。ららぽーとや三井ショッピングパーク、コレド室町などでショッピングをすると、税別100円ごとに2ポイントが付与され、500ポイントたまると500円分のお買い物券と交換できます。対象施設で年間30万円以上お買い物すると、スペシャルメンバーとなり、様々な特典が受けられます。

もう一つはクレディセゾンの「永久不滅ポイント」で、三井ショッピングパークポイント対象施設ならば、三井ショッピングポイントと永久不滅ポイントをダブルで獲得、それ以外の施設でも1000円ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。永久不滅ポイント400ポイントで、三井ショッピングパークポイント2000ポイントと交換できます。

セゾンカード以外の即日利用可能なクレジットカード

即日発行可能なクレジットカードは、セゾンカードが圧倒的な種類を誇っておりますが、セゾンカードしか即日発行できないわけではありません。数は少ないものの、セゾンカード以外にも即日利用可能なクレジットカードがありますので、ここではそんなカードを紹介します。

ACマスターカード

一般的には知られていませんが、大手消費者金融のアコムではクレジットカード事業も行なっており、平成10年(1998年)7月に、マスターカード・インターナショナルのプリンシパルメンバーとして発行ライセンスを取得しました。現在、消費者金融でクレジットカード事業を行なっているのはアコムのみであり、アコムが発行するクレジットカードを「ACマスターカード」といいます。

ACマスターカードのメリットは、申し込みから発行までが最短で30分間で完了するということです。セゾンカードもオンラインの申し込みをすれば即日発行できますが、ACマスターカードのスピードにはとてもかないません。消費者金融のカードローンは即日融資が当たり前ですが、それをクレジットカードにも持ち込んだ形ですね。

しかも、セゾンカードはインターネット経由で申し込みをしてから、発行カウンターで続きをすることで即日発行が可能となりますが、アコムには自慢の自動契約機「むじんくん」があり、むじんくんを使えばACマスターカードの申し込みから発行までノンストップで行うことができます。一部店舗でもACマスターカードの即日発行が可能です。

ACマスターカードには、カードローン機能付きと機能なしの2種類のラインナップがあり、いずれも年会費無料で発行可能です。カードローン機能付きの場合、ショッピングの利用限度額は300万円、カードローンとの合計の上限は500万円となっております。カードローン機能なしのカードでは、限度額は300万円となります。

返済方法は自動的にリボ払いとなり、リボ払いに伴う年利は、限度額に応じて10%から14.6%となっております。カードローンに関しては、アコムのカードローンの金利である年3.0%から18%がそのまま適用されます。

エポスカード

次に紹介する即日発行可能なクレジットカードは、「エポスカード」です。「マルイ」が発行元となって発行しているクレジットカードですが、エポスカードは申し込みの当日にカードを発行できるクレジットカードです。

申込方法には2種類ありますが、まずはインターネットを使った申込み方法です。パソコンや携帯電話、スマートフォンから24時間申し込み可能で、審査結果は申込完了後にメールで知らされます。その結果発行可能と判断されればカード発行となるのですが、カードの受け取り方法でマルイ店舗のエポスカードセンターで受け取りを選択しましょう。

もう1種類は、マルイ店舗のエポスカードセンターで申し込みから行なってしまうという方法です。買い物ついでやインターネットが苦手という方にはこちらがおススメです。その際には、身分証明書と銀行のキャッシュカードなどがあるといいです。申し込みから約30分でカードが発行され、その日から利用可能です。

エポスカードは、マルイの店舗やオンラインショッピングで特に強みを発揮します。年4回「マルコとマルオの7日間」というお得な機関があるのですが、この期間中は店舗もオンラインショッピングも10%オフです。それ以外でもお得があり、10000円未満のオンラインショッピングの注文でも送料が半額になったり、現金払いでもポイントが貯まったりと、マルイでは使い倒したいカードですね。

エポスカードには「エポスポイント」というポイントプログラムがあり、200円のショッピングにつき最大で3ポイントたまります。貯まったポイントは500ポイント=500円換算でマルイの店舗やオンラインショッピングで利用可能です。それ以外にも、エポスVisaプリペイドカードにポイントを移行したり、商品券やギフトカード、マイルやグッズにも交換できたりします。

Amazon MasterCardクラシック

世界最大級のインターネットショッピングサイトといえば「Amazon」ですが、かつて発行されていたAmazonのクレジットカードが久々に復活をしました。発行会社は三井住友カードで、Amazonとの提携カードの扱いになりますが、その名を「Amazon MasterCardクラシック」といいます。

初年度の年会費はかかりませんが、2年目以降も1回でもショッピングに利用すれば年会費はかかりません。使わないと年会費が1350円かかります。すぐにAmazonでショッピングしたい方は「即時審査サービス」を利用するといいでしょう。Amazon MasterCardクラシックが発行されるまでの間、「Amazonテンポラリーカード」が発行されます。

即時審査サービスを利用できるのは、受付時間が9時から19時までで、カード申し込み時に支払い口座を三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行といったメガバンク、ゆうちょ銀行やその他一部の銀行に指定できる人に限られます。

Amazon MasterCardクラシックに入会しますと、2000ポイントがプレゼントされ、Amazon.co.jpの利用で1.5%分のAmazonポイントが、それ以外のマスターカード加盟店でも1%分のAmazonポイントが付与されます。1ポイント=1円のレートでお買い物に使っていただけます。

クレジットカードの即日発行を実現させるために

即日発行可能なクレジットカードはいくつかありますが、スムーズにクレジットカードの即日発行を実現させるにはどうすればいいのでしょうか。

時間を確認しよう

まず申込の時間ですが、19時30分を過ぎると即日発行の手続きができませんので、最低でもそれまでには申し込むようにしましょう。しかしそれだけでは十分ではなく、最寄りのセゾンカウンターの営業時間も確認しましょう。早いところでは18時には営業を終了してしまうセゾンカウンターもあり、しかも時間いっぱいまで即日発行をしてくれるわけではありません。営業終了1時間前くらいまでには来店するようにしましょう。

キャッシング枠はつけない

どうしても必要ならば仕方ないことですが、とりあえず必要ないならばキャッシング枠はつけないのが無難です。キャッシング枠をつけようとすると審査に時間がかかり、即日発行に間に合わない場合もあります。あとからキャッシング枠をつけることもできますので、安心してください。

ただし、海外旅行でクレジットカードが必要ならば、ショッピング枠だけでなくキャッシング枠もついていた方が心強いのは確かです。カード決済ができないような場所でも、現地のATMを使って現地通貨をキャッシングできるのですから、キャッシング枠も時と場合に応じてはつけた方がいいでしょう。

おわりに

セゾンカードにしろACマスターカードにしろ、即日発行のクレジットカードを申し込む際に焦ってはいけません。「急いては事を仕損じる」ということわざもあるくらいです。申し込み内容に間違いはないか、必要書類の忘れ物はないかなどを確認して、確実にその日のうちにクレジットカードを発行してしまいましょう。








クレジットカード即日発行の豆知識

即日発行のクレジットカードについて

クレジットカードとは、決済手段の一つとなっており、利便性の高さから多くの人が保有しています。クレジットカードは、後払い方式となっていますので、商品を購入する時点では現金を保有していなくても問題がないです。カードを利用する事ができる店舗に関しては限られていますので、事前に確認をしておく事が重要となっています。

クレジットカードを利用する際においては審査が行われますので、これに合格をする必要があります。審査項目に関しては、各金融機関で異なりますが、安定した収入がある方であれば問題なく通過する事ができます。審査時間についても比較的短いので、即日発行が可能です。即日発行となっていますので、急いでクレジットカードを利用したい方にとっては、利便性に優れています。

近年においては、インターネットを利用した通信販売が人気を集めており、この際にカードを使用します。現金だけでは決済ができない場合がありますので、カードを一枚は保有しておく事が重要となっています。また、商品を購入するごとにポイントが貯まる仕組みとなっている場合が多く、利用者にとってはメリットが多いです。

貯まったポイントに関しては、商品を購入する際に利用する事ができますので、商品を通常価格よりも安く購入する事ができます。年会費の金額に関しては、各金融機関で違いがありますが、格安となっている場合が多いです。多額の現金を持ち歩かなくても買い物ができることが、人気の理由となります。




即日発行のクレジットカード申し込みの流れ

最近は現金の変わりにカードを持っている人がたくさんいます。以前と比べてカードはとても便利なものになっています。またそのカードの申し込み方法も、最近はインターネットが普及しているので申し込みをすると即日発行してくれるところも多くなってきています。インターネットを使ったクレジットカードの申し込み方法は、まず専用の画面で申し込みを行います。このとき19時半以降に申し込みを行った場合には、その手続きが翌日の扱いとなるので注意が必要です。申し込みを行って30分以内に受け付け完了のメールが届くようになっています。

申し込み確認の電話は10時から20時の間となっています。申し込みを行って本人の意思確認、未成年者の場合には親権者の同意確認、そしてそのほかの手続きを行います。このときの手続きによって数日かかることがあるので考慮するようにします。このときに審査が行われます。そして審査の結果が出れば審査結果を登録されたメールアドレスに届けるようになっています。

このときにクレジットカードが発行されます。郵便で受け取る場合には審査結果が届けられた翌日から最短3日でカードが手元に届くようになっています。来店してカードを受け取る場合には即日発行が可能となっています。このときには受付番号と本人確認ができる運転免許証や保険証やパスポートなどの書類と、金融機関のお届け印と通帳などキャッシュ番号が分かるものが必要になります。




このページの先頭へ